中津歯科クリニックBLOG

2017年5月10日 水曜日

歯周病かも?歯ぐきに違和感を感じたら梅田にある当院へ

歯の健康状態を見る時は、歯ぐきの外側の目に見える部分と、歯ぐきの内側の部分を見ることが大切です。目に見える部分の病気としては、ご存知のように細菌が作り出す酸によって溶かされて穴が空く「虫歯」が大半です。もう一方、歯を支える歯ぐきや歯ぐきの内側の病気としては、この部分が炎症することにより変化が起こる「歯周病」があります。

「虫歯」は痛みで気づきますが、「歯周病」は初期段階では痛みを感じることがほとんどありません。別名サイレントキラーとも言われているほど、気づかないうちに進行するものです。歯周病では、出血などが起こったり口臭がきつくなったりします。重症となると歯がグラグラし歯が自然に抜け落ちることもあります。

「歯周病」の直接の原因は、歯の周りに付く汚れに含まれる細菌です。つまり、歯磨きが充分でない人に起こりやすいものです。また喫煙者は、「歯周病」に3~8倍程度罹りやすいと言われていますし、糖尿病の方も「歯周病」が進行しやすいことが知られています。

なかなか気づきにくい「歯周病」ですが、最近の自分の歯磨きに自信がなかったり、歯ぐきに違和感を感じたら危険信号です。発見が早ければ早いほど軽微な治療で済みますので、お気軽に大阪市北区の当院へご相談ください。

投稿者 中津歯科クリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着情報

一覧を見る

2013/12/25

ホームページを作成しました

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒531-0071
大阪市北区中津1-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら