中津歯科クリニックBLOG

2017年5月31日 水曜日

大阪市北区の当院では、子供の歯並びサポートなども行っています

最近、歯並びの悪い子供たちが増えていますが、その原因はなんでしょうか?健全に成長発育すれば何もしなくても綺麗に歯は並びます。つまり、子供の歯並びを悪くする大きな原因は、生活習慣や癖が原因であると言えます。

具体的には、姿勢の悪さ、うつ伏せ寝や抱き枕、頬杖、口呼吸、爪噛み、指吸、舌出し、唇噛みなどです。学童期は、大人の歯が生えて大人の顔の輪郭が出来てくる重要な時期です。しかしまだまだ骨格はやわらかいため、このような生活習慣や癖によりあご骨は容易に変形してしまいます。

さらに、お口周りの成長発育のピークは13歳前後である一方、身体的発育のピークである18歳前後を過ぎた頃、親知らずが出てこようとします。この時点であごがしっかり成長していない場合は、親知らずの生えるスペースがないため、歯並びが悪化する原因にもなります。

梅田にある当院では、歯並びや噛み合わせなどに異常がでないように、また正常に成長発育するサポートとして「口腔育成」を行っています。

大人になってからでも歯並びの治療は可能ですが、子供の時に治療することにより、抜歯をしないで治療できる可能性が広がったり、後戻りを最小限に抑えられます。また、治療期間も短く、費用などもやや安価に行える可能性があります。小さなお子様の歯並びに疑問や不安があれば、お気軽に当院までお問い合わせください。

投稿者 中津歯科クリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着情報

一覧を見る

2013/12/25

ホームページを作成しました

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒531-0071
大阪市北区中津1-7-17

お問い合わせ 詳しくはこちら